キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 不動産を担保にしたローンで早期の借入金返済を実現させるには : 知っ得!不動産担保ローンの豆知識
知っ得!不動産担保ローンの豆知識

不動産を担保にしたローンで早期の借入金返済を実現させるには

「不動産 担保 ローン」の事に関する情報サイトです。
不動産を担保にしたローンの早期完済の安全策について。低金利、融資額絞り込み、繰上返済を頭に入れておきましょう

不動産を担保にしたローンで早期の借入金返済を実現させるには

巨額な資金が短日月に手に入るのが、不動産を担保にしたローンの魅力です。

その一方で返済プランに失敗し破綻してしまう人も多くいます。

早期完済の方法について考えてみましょう。

◆金持ちになったという錯覚の怖さ。

不動産を担保にしたローンを組んで、その返済を早期に終わらせるという考え方は非常に健全なことだと思います。

多くの人は巨額な資金を短日月に手にしてしまうため、無為にお金を使って破綻してしまいます。

破綻までいかなくても、高金利に苦しんで返済に追われる日々に陥ってしまいます。

金持ちになった気分で豪遊し、楽が出来るのは最初の数ヶ月です。

不動産を担保にしたローンは、破綻すれば担保物件が没収されてしまうということを忘れず、早期の完済を最初から計画しましょう。

◆低金利であること、繰上返済を行うこと。

破綻しない要素、早期に完済できるポイントは、まず融資を受ける段階で、必要以上の融資額を申請しないことです。

会社の運転資金や設備投資であれば、必要な額を絞り込んで申請しましょう。

次に金利の低い借入先を精査しましょう。

同じ不動産を担保にしたローンでも貸出金利は5%未満~18%以上まで、驚くほどの差があります。

銀行でダイレクトに借りれば5%でも、ノンバンク系では15%以上の金利が付きます。

次に繰上返済を使って、元本の借入総額を早い時期に減らすことです。

参考記事の紹介:https://oshiete.goo.ne.jp/watch/entry/9ca7be6170181fc2d5b140a63004c8f6/

◆不動産を担保にしたローンで早期の完済を実現するには、3つの要素を熟考して、さらに繰上返済を可能な限り行いましょう。

早期返済のポイントは、「借入額の絞り込み」、「低金利での借入れ」、「銀行からの直接的な借入れ」、さらに「繰上返済」を可能な限り複数回実施して、借入れ元本の総額を減らしていくことです。

早いうちに行うほど効果が高まります。